日语自我介绍的3C

Rate this item
(0 votes)

自己紹介プレゼンは3つのCで考えよう

用3C来考虑自我介绍

自己紹介のプレゼンを行なうときに忘れてはならない3つの視点、ご存知ですか?3つのCとしてその視点をお教えします。

做自我介绍时不能忘记的三个角度,大家都知道吗?接下来,小编就用3C来给大家介绍一下这三个角度。

 

経営学に潜むプレゼンのコツ

隐藏在经营学中的自我介绍的技巧

経営学の基礎中の基礎として語られる概念として「3C」というものがあることをご存知でしょうか?知っている人にとっては当たり前のものですが、知らない人にしたら想像するのも難しいと思います。

“3C”作为一个经营学基础中的基本概念,大家对此是否有所了解呢?知道这个概念的人想必很容易理解,不知道的人单凭想象是很难理解的吧。

 

まぁ答えを言ってしまうと、3CというのはCompany、Customer、Competitorの3つを表したもので、それぞれの頭文字をとって3Cと呼んでいるのです。それぞれ直訳すると、Company=自社、Customer=顧客、Competitor=競合、ですね。

所谓3C,是指Company、Customer、Competitor这三个单词的首字母。直译的话,Company是指自己所在的公司,Customer是指客户,Competitor是指竞争对手。

経営を行っていく中で、この3つの視点をバランスよくとることが求められるというのが、3Cを意味するところです。そしてこの、経営では当たり前に使われている3Cの概念は、自己紹介プレゼンテーションにおいてもそっくりそのまま使うことができるのです。

经营管理中,3C意味着从这三个角度谋求平衡。在经营学中理所当然地使用的这个3C的概念,在自我介绍中也可以照样引用。

 

3Cを自己紹介プレゼンに当てはめると

将3C应用于自我介绍中

3Cを自己紹介プレゼンテーションに当てはまめると、Companyは自社ではなく自分と置くことができます。ここで指す意味は「自分らしさが表現できているか?」「本来の自分からかけ離れたトークになっていないか?」ということ。

将3C应用于自我介绍中,Company就不是指自己所在的公司了,而是指自己。在这里所指的是“能否表现出自己的风格”“讲话的内容是否与真实的自己相差悬殊”。

Customerは顧客という言葉ではなく、聞き手と表現したほうがわかりやすいでしょう。「自分が話す内容は聞き手のニーズにマッチしているのか?」という観点です。

Customer在这里也不是客户的意思了,而是应理解为听众的意思。即“自己说话的内容是否与听众的需求一致?”的观点。

最後のCompetitorがあらわすのはライバルの存在。まさに面接における競合のことです。これが表す観点は「ほかの面接者も言うようなありきたりな話になっていないか?」ということ。

最后的Competitor表示的就是竞争对手,也就是面试时的竞争对手。这个观点表示的是,“不要和其他面试者一样说没有新意的话”。

この3つの観点のどれかが抜けてしまうと、自己紹介プレゼンはすごく的外れなものになってしまいます。

这三个观点无论舍去哪一个,自我介绍都会偏离目标、无法击中要害。

 

視点に欠けたプレゼンテーションの例

思考角度不全面的自我介绍的事例

Company(自分)の視点が欠けたプレゼンは「自分でない誰か」を演じるプレゼンです。すごく内向的な人が「私は周りの人たちと自然と仲良くなることができる活発性がウリです」と言ったらどうなるでしょうか?

没考虑到Company(自己)角度的自我介绍,就像说的不是自己而是在扮演某人。十分内向的人说自己“我性格活泼,和身边的人能够很自然地相处融洽”,大家会怎么看呢?

たとえそれで面接がうまくいったとしても、その会社で働くことが幸せにつながるかどうかは疑問です。だって、面接を通じて「自分ではない誰か」を期待されているわけですから。

即使面试顺利通过了,在那家公司工作是否算走运还是个疑问。因为,通过面试被期待的不是自己而是虚构的某人。

Customer(聞き手)の視点がないプレゼンは「ひとりよがり」なプレゼンになってしまうでしょう。自分らしい独自エピソードとしてインド長期旅行の話をしたとしても、聞き手がそれに価値を感じなければ全く意味はないわけです。

没考虑到Customer(听众)角度的自我介绍就会显得有点“自以为是”。即使讲带有自己风格的印度长途旅行的话题,如果听众感觉不到那话题的价值所在,也就没有什么意义了。

Competitor(ライバル)の視点がないプレゼンは「画一的でトンガリのない」プレゼンになる可能性が高まります。「学生時代、私はテニスサークルの活動を通じて努力することの重要性を知りました」などと言ったところで、「ほかの人から同じようなことを聞いたな」という印象で終わってしまいかねません。

没考虑到Competitor(竞争对手)角度的自我介绍就会显得单调划一没有特色。“学生时代,我通过参加网球社团活动明白了努力的重要性”的话,会给对方“从别人那儿也听过这样的话呢”的感觉,最后不了了之。

さて、最後にまとめです。3Cに視点は、1つ1つ取ってみれば、特に変わった話はありません。大切なのは3つを包括的に押さえることであり、複数の視点を常に忘れないことが重要なのです。

最后小结一下。3C的观点,逐一分开来看确实也没有什么特别之处。重要的是,全面地抓住这三点,不要忘记从多角度考虑。

Read 7505 times Last modified on Wednesday, 05 March 2014 10:14
You are here: Home